有限会社グランドテックお問い合わせTEL024-576-4189

鋼管杭工事

工法概要

鋼管杭工事

@ 柱状概要では最大9mまでしか改良できないが、鋼管杭では、9m以上の改良ができる。

A 振動が少ない

B セメントミルクを使用しないので排土処理が不要。
鋼管材料 Φ114.3/Φ139.8/Φ165.2

適応範囲

@ 適応地盤
杭先端地盤が砂質地盤(礫質地盤を含む)粘性質地盤杭周囲の地盤が砂質地盤及び粘性質地盤

A 最大施工深さ
支持層まで

施工手順

鋼管杭工事

T.杭芯セット

U.杭の回転貫入
回転させながら貫入する。

V.杭の接続
上杭と下杭を溶接する。

W.接続完了

X.杭の回転貫入
U〜Xの作業を繰り返し作業する。

Y.打ち込み完了
支持層まで到達

Z.切断
内杭、外杭指示に従い切断する。

[.キャップ取付
キャップを溶接する。

\.打設完了
レベルの高さを確認する。